Categories

Archives

A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.

所得証明書不要で銀行からの借り入れがさらに便利になっています!

銀行のネットキャッシングのページを見ると、所得証明書不要と宣伝してあるものをよく見けけるでしょいう。そもそも、銀行や信金などではなく消費者金融から融資を受けるときには、年収の3分の1を超えた借り入れができない法律になっています。

ですから、申し込んだときには所得確認のために、年収を証明する書類の提出が求められています。間近の源泉徴収票や市民税、県民税決定通知書が有効です。また間近2か月の給与明細でもよいでしょう。消費者金融の申し込みの際は、以上のような書類を勤め先や区役所等から取り寄せてから、審査に入ります。

ただ銀行系の融資の場合は、融資額によっては、いっさい収入証明不要です。これが手軽で便利として、人気を博しています。銀行系の融資は小額融資をする場合に、とくに重宝するのではないでしょうか。

最近は銀行のネットキャッシングで、すべてwebから申し込みや入金ができる簡単なサービスもあります。カードレスもできますから、郵便物が全く発生しないスタイルもあります。

大きな出費があっても予算内でやりくりする

我が家は先取り貯金派です。
私が手元にお金があるとつい使ってしまうので、1ヶ月のやりくり費のみ手元に置いておくようにしています。
その予算は余裕のあるものではありませんが、使うときと締めるときを上手く調節しながらやりくりしています。
私のポリシーとして先取り貯金をしたものは、どんなに厳しくても引き出さないというものがあります。
つい先日医療費に思わぬお金がかかってしまい、やりくり費の残金がぐっと減ってしまったのです。以前の私だったらすぐに口座から引き出すことを考えていたと思いますが、頑張ればやりくり出来ないこともないと思うので、このままの予算でやりくりすることを決めました。
節約しているようでもどこかにムダはあると思うので、そのムダを見つけ出しやりくりを頑張りたいです。
一番削りやすいのは食費なので、冷凍庫や食品庫のチェックから始めてみようと思います。
このピンチを乗り越えることが出来れば、また節約スキルが上がるのではないかと思います。